ご予約

400年続く、名古屋最古の料亭 河文

江戸時代は名古屋城築城のころ、“碁盤の目”が作られていく名古屋の街に、
清須越しで移り住んだ河内屋文左衛門(かわちやぶんざえもん)。
魚屋として創業し、後に尾張徳川にその目利きを認められ、仕出し、料理屋として歩みながら、歴史を紡いできました。
江戸から続く、市内で唯一の料理屋。名古屋で最も長い歴史を持ちます。
受け継がれる伝統を大切に、時代に合わせて挑戦しながら、新しい文化を生み出しています。

お知らせ

御食事

河文には、個室、お一人様からご利用いただけるカウンター割烹、茶房がございます。
お出迎えからお食事、お帰りまで心地よくお過ごしいただけるよう、おもてなしいたします。

婚礼

迎賓館として国内外の賓客をおもてなししてきた料亭だから叶えられる唯一無二のウェディング。
河文を象徴する「流れ床の庭」や「水鏡」を囲む自然を感じながら、永遠を誓うことができます。

宴会・会議

大規模な各種ご宴席や企業様の展示会など、多目的にご利用いただけます。
外門から大広間まで続く母屋部分は、登録有形文化財。
中庭の水鏡と、それを見渡せる「水鏡の間」は、谷口吉郎による設計です。