ご予約

お部屋

料亭 河文の「個室」

2名様から30名様まで、大小7つのお部屋をご用意しており、掘り炬燵、椅子席、座椅子席など、用途に合わせてご提案いたします。
いずれのお座敷にも窓がございます。お祝い、ご法事など、用途にふさわしい室礼にいたしますので、ご予約の際にご相談ください。

床脇間口より幅の小さい吊構造で金糸の唐花文様が施された天袋や、桂離宮の新御殿にある御剣棚を彷彿させる三角形の袋棚が設けたお部屋です。松尾流家元 松尾宗吾(不染斎)が愛した坪庭には、唐銅製の手水鉢があります。
2名様〜8名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。

新用亭

窓際には畳敷き風の入側縁があり、その手前に鞘の間を配置した広間です。床の間と床脇を区切る壁や床柱を略し、十畳の広間とのバランスにこだわったお部屋です。対面式の場合は14名様まで、正餐式の場合は30名様までご利用いただけます。
2名様〜30名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。

(用々亭)

庭先に佇む柳の枝葉が風に揺れる様を、窓の外に感じられるお部屋です。かねては仮小屋だった場所を、安政の大地震の際に役立てたというルーツがあり「無用の用」のことわざから由来して「用々亭」とも呼ばれています。太平洋戦争での焼失により再建いたしました。
2名様〜4名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。

紅葉

館内で唯一、堀ごたつのお席をご用意しているお座敷です。壁紙が墨の濃淡でグラデーションに染められた和紙で施されております。空間デザインはインテリアデザイナーとして国内外で活躍する小坂竜(乃村工藝社 A. N. D. )による設計です。
2名様〜4名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。

上座敷

京都・桂離宮の新御殿を模した卍型(月の字くずし)の欄間を徴とする本格的な和室です。対面式の場合は16名様まで、正餐式の場合は30名様までご利用いただけます。
2名様〜30名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。

木瓜

床框が略された床の間、踏込床(ふみこみどこ)の一種で、表千家六世原叟宗左が好んだとされその名が付いた原叟床(げんそうどこ)を有するお座敷です。随所に見られる意匠により、洒脱な印象を与えるお部屋となっております。
2名様〜30名様

※お子様やお身体の不自由な方を優先しております。
※部屋数に限りがある為、お部屋の指定はご遠慮いただいております。